BLOG

あなたは自分を信頼している?

2019/01/09

今、抱えているあなたのお悩みを解消したくはありませんか? 

「私の悩みなんてどうせ解決しない・・・」 

「そんなことで、上手くいくはずがない・・・」 

「色々やってきたけど、解決するのは、無理・・・」 

「もう、めんどくさい・・・」 

もしかして、そう思っていませんか? 

 

こんにちは。

「自分ごとを終わらせて、ソースとつながり、地球に愛を返す人を導く」

新次元カウンセリング 自分に戻る旅にナビゲート アロマルナ です。 

 

私たち日本人は、長い学校教育によって、

「協調性」

「理不尽なことに不平も言わず、コツコツとこなす」

ことを植え付けられてきます。

 

教師や親などによって、生活、生存というものを掴まれ、握られていますので、

文句は言えません(>_<。)

 

(多少、頑張ってゴネたとしても、大人の方が人間界では強力ですから、

結局は諦めることになっていくのですT_T)

 

生まれてきたばかりで、

人間界の事がわからない子どもたちは、

「何もできない、半端者」と思わされ、

人間界の価値観、常識を植え付けられるのです。

 

その空気感を、体いっぱい受け取ってしまった子どもたちは、

狭い、子ども達の世界で、

その大人の敷くレールに乗れていない子どもを攻撃し、

仲間外れにしていきます。

 

 

こんな生活を10年間以上続けていくのですから、

 

心の根っこでは、

自分も信用していないし、できないし、

誰も信用していません。

ですから、本質的に人に頼る事が出来ないのです。

 

ただ、それも家庭環境などによって、個人差は出てきますが。

 

 

さて、自分で頑張ってしまう人は 

 

先ほどの

自分の心の根っこで、 

自分自身のことを許していない、

自分を否定している、

自分を信頼していない人が多いのです。 

 

反対に、誰かに頼れる人というのは 、「自分自身を許している」人が多く 、

だからこそ、自分を丸ごとさらけ出せて、 出来ないことはできないと言えるし、

自分のままのエネルギーを発揮することができるのです。 

 

 

「許していない自分」を抱えている人は、 

どうしても、全ての、自分のエネルギーを発揮できません。 

 

自分が自分を信頼できないので、自分のエネルギーを発揮できる力が小さくなります。

だから、達成したり、形にしたりするのが難しくなってしまうんです。 

 

 

意識の次元では、 

誰かに頼らないといけない自分や、 

そもそも、誰かに頼ることを悪としています

「自立できていない自分」を認めない、

自立できていないことを悪としています

 

無意識のうちに自分を攻撃している 、

自分の内側の葛藤を終わらせる必要があります。 

 

 

本当の自分に戻る旅コースでは、

自分で気づけていない、

自分の中の「戦い」に、葛藤に気づくことができ、

その「戦い」葛藤を

ご本人が自分で、終わらせる事が出来るのです。

 

目の前の現実は、

すべて自分の心の「内側」の投影なので 、

内側の葛藤が終わることで、現実がガラッと変化していきます enlightened

本当の自分を知るだけで、目の前の現実を、

あなたが、本当は「そうあってほしい」望み通りのものへと 

変えていくことができますよ •*¨*•.¸¸♬︎