BLOG

親子関係の悩み トラブル

2019/01/10

いじめ、虐待、不登校、引きこもり、離婚、ネグレスト、DV、依存症、ハラスメント…

これらが全部、自分の親子関係から、来ていると知っていますか?

あらゆる人間のトラブルを、あなたが終わらせることができるとわかったら、

どうですか?

こんにちは。

「自分ごとを終わらせて、ソースとつながり、地球に愛を返す人を導く」

新次元カウンセリング 自分に戻る旅にナビゲート アロマルナ です。 

 

アロマルナ にいらっしゃる方々の悩みで一番多いのは、

親子関係の悩みです。

それを持ったまま、結婚して、子育てをしていくので、

その原因が全部、子育ての悩みにもなっていくのです❗️

 

 

昨年から、本当の自分に戻る旅コースのお2人が、親を亡くされましたが、

おかげさまで、過去に持ってきていた親子関係を終わらせて、

感謝をして、見送る事が出来ました•*¨*•.¸¸♬︎

 

Tさんは、頑固で厳しく束縛する父親が、大嫌いで、

若いうちから家を出て、(そこにも紆余曲折ありましたが、)

良い縁に恵まれて結婚し、

今は、親子3人で札幌で暮らしています。

 

でも、1番の問題は、「子育てをしたくない‼️」という事でした。

お会いした時には、「誰も寄せ付けない。」厳しい目をしていました。

 

なんと、本当の自分に戻る旅をスタートした途端、

その大嫌いなお父さんが重病になってしまったのです(>_<。)

 

未来の彼女が、過去のしがらみを終わらせて、

心穏やかにお父さんを見送るために、今の彼女を私のところに来させたのです☆~(ゝ。∂)

 

セッションでお話を聞いていくと、実家での辛い経験がたくさん、出てきました。

本人は気づいていませんが、座る姿勢にも現れていました。

父親への怨み辛みが溜まっている一方で、

反対側では、自分を卑下していたんです。

 

「自分しか、自分を守れない。誰も信用できない。」と思っているので、

外側と常に緊張状態になり、ピリピリしている状態でした。

 

この状態で、自由奔放な、しかも、言葉も拙い小さな男の子の子育てを、

ニコニコしながら受け入れるなんて、できるわけがないのです

本当の自分に戻る旅では、

怒りと寂しさの感情を解放するために、オンサセラピー をしたり、

テキストの「この世のしくみ」のDVDを繰り返し、見ていきながら、

対面カウンセリングだけでなく、

随時、要所要所でフォローアップのカウンセリングもしていきました。

 

そうこうするうち、

6ヶ月間が終わる頃、ようやく、親を許せるようになってきました🌟

 

そんな中、最後の付き添いという事で、病院で父親を看病できるまでになったのです㊗️

 

 

簡単に書いていますが、

父親とギクシャクしているということは、父親とだけ、そうなっているわけではありません。

母親とも兄弟姉妹とも、(おそらく、親族とも)ギクシャクしていたのですT_T

ですから、付き添いができたということは、

Tさんの家族関係がかなり、変わったということなんですyes

 

私も、23歳の時に母親を亡くしましたが、

実は、虐待やら束縛やらが尋常じゃなかった、母親が大嫌いでしたので、

母親が入退院を繰り返したりすることから、

「何から何まで、母親のことに関わるのは大迷惑‼️」と思ってきたのです。

ですから、

嫌いな恨みのある人を、嫌いな気持ちを持ったまま、

看病したり、介護するのが非常に苦痛だということは、

私が経験済みなのです。

 

今でいうと、統合失調症や若年性アルツハイマーであったように思いますので、

(当時はそういう診断さえありませんでしたから、対応方法もわかりませんでした)

 

この苦痛がどれだけ続くかと思うと、恐怖の毎日でした。

ですから、早死とになったことを、内心喜んだのです。

それくらい、苦しかったし、辛かったのです。

でも、その苦しみは親が亡くなっても続いたのです(>_<。)

 

それから20年以上経って、

「この世のしくみ」をすっかり、

理解できた私は、苦しみから解放されて、

親との過去をすっかり、書き換える事が出来ました。

 

ですから、過去のTさんの気持ちもよくわかるけど、

でも、今のTさんが、自分の過去を終わらせて、

お父さんに感謝できるようになって欲しかったのです。

 

本当の自分に戻る旅が終わって、間も無く、お父さんが亡くなりました。

おそらく、穏やかに滞りなく、葬儀が終わったことでしょう。

 

私たちは、「いつ、死ぬか、わからない。」と口では言いますが、

本当のところは、そうは思っていません。

明日も生きているはず。と、確信しています。

 

でも、今回のTさんはまだ、30代なんです。

あなたの親もあなたもいつ、死ぬか、わからないんですよ。

 

私が40年間も苦しんだからこそ、

あなたにも、早く、その苦しみを終わらせてもらいたいのです。

 

相手が生きているうちに、

わだかまりのある親子関係、

憎しみ合っている親子関係、

終わらせませんか?

 

そして、生きているうちに、

感謝を伝えられるようになりませんか?