BLOG

あなたはお父さん、お母さんを嫌っていませんか?

2019/02/06

今、抱えているあなたのお悩みを解消したくはありませんか?  

「私の悩みなんてどうせ解決しない・・・」 

 「そんなことで、上手くいくはずがない・・・」  

「色々やってきたけど、解決するのは、無理・・・」 

 「もう、めんどくさい・・・」  

もしかして、そう思っていませんか?  

こんにちは。

「自分ごとを終わらせて、ソースとつながり、地球に愛を返す人を導く」
【新次元カウンセリング】自分に戻る旅にナビゲート アロマルナです🌙

 

【新次元カウンセリング】自分に戻る旅にナビゲート アロマルナでは、

全ての悩みの原因は、その方の「親子関係」から始まっていることを、

お伝えしています。

 

私は貧乏な家庭で、

(母親がいつも言ってたのですが、どこを基準に貧乏というかは、母親の尺度で、その通りだと思ってきました。ですから、本当に貧乏だったかはわかりません。)

母親からの虐待を毎日受け続け、いつ、殺されるかわからない。という、

過激な幼少期から青年期を過ごしました。

それなのに、今でいう、母親の介護もやらなくてはいけない状況にまでなり、

(おそらく、母親は、統合失調症、若年性アルツハイマー、躁うつ症が複合的に発症していたと思います。)

 

しかし、母親の病気は死ぬような病気でもないので、いつまでも続くと思われる、絶望状態の地獄な毎日でした。

 

しかし思いがけず、薬の飲み過ぎで亡くなり、23歳の時にやっと、解放されました。

母の葬式も、相変わらず、親戚同士のいがみ合いやらで、険悪な状態でした。

そもそも、両親の親戚同士が反目しあっていたのが、ここでも現れてたのです。

幼少期からそのような状態ですから、自分の親にもルーツにも誇りを感じることもなく、疎ましく思っていたのです。

 

 

やっと、母親の呪縛から離れて、自分を生きれる!

女性として自立できる職業につき、結婚し、立派なマンションにも住むことができ、

「親を超えた、自立している」と思っていたのです。

 

実は20代はじめに結婚する話にもなったんですが、

過激な母親がいるせいで、諦めたのでした。

→今となっては、結婚することで、親から逃げたかっただけでしたね。

(本人は気づいてませんが、妹が同じように親から逃げるために結婚して、

離婚、2度目のパートナーにDVを受けていたり、複雑な夫婦関係にあるようです)

 

なんだか、どうして、そんな方向に行くのか?と思う様々な体験をし、

(でも、その時はそれなりの理由があるのですよね)

 

公務員も辞めてしまって、

セラピストの道を選ぶのですが、

経済的に守られていた公務員とは違い、

丸裸同然の個人事業主。

切実に経済を通して、自分を見せられていきました。

 

実は自分の中に、安定した職業を手放した罪悪感や元々、持っていた欠乏感不足感などが、大きく現れてきたのです。