BLOG

子どもの虐待も、先祖代々の親子関係から

2019/02/10

今、抱えているあなたのお悩みを解消したくはありませんか?  

「私の悩みなんてどうせ解決しない・・・」 

 「そんなことで、上手くいくはずがない・・・」  

「色々やってきたけど、解決するのは、無理・・・」 

 「もう、めんどくさい・・・」  

もしかして、そう思っていませんか?  

 

 

こんにちは。

「自分ごとを終わらせて、ソースとつながり、地球に愛を返す人を導く」
【新次元カウンセリング】自分に戻る旅にナビゲート アロマルナです🌙

 

【新次元カウンセリング】

自分に戻る旅にナビゲート アロマルナでは、

全ての悩みの原因は、その方の「親子関係」から始まっていることを、お伝えしています。

 

日本では相変わらず、児童虐待の事件が発生しておりますが。

 

私も、自分も虐待経験者ですので、以前は、そういう事件を聞くと、心がえぐられるようで、憤りを感じていたものです。

ですから、10年前に、オレンジリボン活動の普及を支援したりしてきましたが、

(でも、虐待らしいことを通報するだけの活動で、根本的解決にはならないと、思い至りました。)

 

一向に減るどころか、増加の一方とは、どういうことだと思いますか?

 

今回の千葉県の問題も、結局は、児童相談所が対応に入っているのに、なぜ、死なせてしまうことになってしまうのでしょうか?

 

もちろん、この話の場合も、その子の父親が、暴力を振るったり、児童相談所を脅したりして、問題なのですが。

 

今までも、児童相談所が関わっているのに、何人の子供を死なせてしまっているのでしょうか?

 

これでは、オレンジリボン活動で、その子を救おうと児童相談所に連絡しても、全く、意味がないじゃないですか?

 

あなたはどう思いますか?

 

あれこれ、支援施設や支援団体ができて、

児童虐待を無すためのシンポジウムを開いたり、研究発表をしても、

未だに、事件が起こり、またひとつ、命が守れないとは、どういうことでしょうか?

 

児童虐待という行為が、どうして、増えているのか?を、根本的に、見ていかないと、終わらないと思いませんか?

 

今までにもどこかに、書いてきたと思いますが、大体は、その子の両親の夫婦関係が原因です。

事件になっているものの多くは、シングルマザーと、男が内縁関係になり、

その男がシングルマザーの連れ子を虐待するパターン。

 

今回の千葉のパターンには当てはまらないと思うでしょうが、

子どもが虐待にあうのは、その母親がシングルマザーになることも、原因の一つです。

 

シングルマザーになるということは、元のパートナーとのパートナーシップが、

成立できなかった。ということです。