BLOG

コミュニケーションが難しいのは? 2

2019/04/12

このような心配はありませんか?

 

上司が仕事を押し付けてくる

セクハラ、パワハラされる

転勤や単身赴任が多い

職場で浮いている

職場でトラブルに巻き込まれる

希望の部署、担当につけない

自分の提案を認めてもらえない

 

職場の人間関係、仕事上のトラブル、職場でのあらゆる問題に関するご相談がありましたら、アロマルナにお気軽にご相談ください。

 

 

さて、昨日の続きです。

 

あなたは話を、コミュニケーションを

全て、思考の上に成り立たせているからです。

 

私たちお互いが、過去の経験で、物事を想像してしまったままで、

伝えるので、スムーズにいかないのです。

 

まず、伝える前に、

理解されないといけない。

理解させないといけない。などの観念がありますから、

ここで、いきなり、

理解されない。し、理解させられない。

が立ち上がります。

 

次にあなたが伝える物事に、あなたの過去の経験から習得した、感情が乗っかっています。

 

例えば、「この人は、以前、こんな時にこんなことをした、嫌な人だ。」があったとしたら、

「そんなことにはなりたくない。させないようにしなくては。」と思考が挟まります。

 

ですから、伝える時に、その想念がそのまま、言葉に乗るのです。

 

伝える時というのは、その時。と皆さん、思っているでしょうが、実は違います。

 

私たちが何か、アクションを起こす時、

脳の方からの指令は、7秒前に出されているのです。

 

例えば、

 

 

 

今、手を動かしてください。

 

動かしましたか?

 

 

 

 

今、自分が動かした。と思いますよね?

 

でも、なんと、その7秒前に脳が手を動かして。と言う指令を出しているって、知っていますか?

これは脳科学で証明されているので、作り話ではありません。

 

 

さて、話は戻りますが、

この7秒前に、あなたの無意識が

そんなことにはなりたくない。

そんなことにはさせない。を、出していますから、

いずれにしても、

そんなことになるし、

そんなことにさせられてしまいます。

 

と、こんな感じであなたの思考は動いていきますので、

 

あなたの無意識が「●●になりたくない。」と思った通り、

あなたのなりたくない状態がまた、引き起こされるのです。

 

だから、~しないように、しても、無駄なんですね。

 

 

では、どうしたらいいのでしょう?