BLOG

ドラマ 「私、定時に帰ります」から、観えること 4

2019/05/14

この度、なんと、企業様の研修も担当させていただく

運びとなりまして。

同時に「働き方改革関連法」が施行されたこともあって、

皆さんの職場環境を整えるお話も、書いていきたいと思っております。

 

職場。と言う前に、

皆さん、お一人お一人がどのように生きていくか?は、

会社での働き方にも関連し、切っても切れないものですからね。

 

そんな流れから、ドラマ 「私、定時に帰ります」から、

観えることを書いていきますね。

 

 

今回は、いよいよ「働き方改革関連法」の目玉、

時間外労働の削減と、

職場が従業員の労働時間を把握する義務がテーマでした。

 

もしかしたら、会社に住んでいるかもしれない、吾妻くん。

 

そして、自分のペースもあって、

残業するのが当然のサイクルになっているようで。

 

会社や働き方改革は、横に一旦置いておいたら、

 

趣味がパソコンやネットみたいな人でしたら、

家に帰る必要がないのかもしれないんですよねえー

 

映像では家に帰ることをしなくてもいいように、

私物がデスクに山盛りになっておりました。

 

(その場面を見て、

ふと、私たちはなぜ、家に帰るのか?

家と職場の往復をしているのか?と思ってしまいました(>_<。)

 

今は、独身だったら、家を借りたりせずに生活する、

アドレスホッパーなる人がいるようですし)

 

もう一つは、

仕事の時間配分、就業時間内の時間配分について。

 

確かに、

エンジンがかかる人や、貧血気味の人にとっては、

就業時間内に終わらせることが難しいことも、

納得できますね。

 

「そう言う意味では、一時、働き方としてのフレックスタイム制がいいのかもなあ?

 

でも、フレックスタイム制って、

最近聞かないけど、どこに行ったのでしょうか?

 

今回の働き方改革関連法でも、

フレックスタイムの3ヶ月制が表記されていますね。

 

でも、フレックスタイム制が導入されたとしても、

エンジンのかかりが遅い人にとっては、

関係ないことかもしれない。」と思考していました。

 

 

吾妻君は、派遣の可愛いデザイナーと仕事を一緒にすることになったのもあって、

少し、周囲のような仕事の仕方をしていこうと、

努力し始めます。

 

 

そう言う意味では、

「恋」もモチベーションアップのスパイスになるようで。

 

TBSのホームページによると、

【家に一人でいると、なんにもない人生のことを考え始めて気が滅入るから会社で過ごしていた】んだそうです。

 

私には、そう言う意味には感じられませんでしたが、

 

そんな中、恋心を抱く彼女に

「目標はないのか?」とか、

「今の仕事からの展望は?」と、

立て続けにまくし立てられたことで、

吾妻くんの空虚感の理由がはっきりしてきたのです。

 

仕事は有能なのに、

(生きる)目標も仕事の目標もない、自分。

自分にとっての幸せは何か?

 

ここで、私が感じるのは、

そして、現代人に多いのは「目標を持たないといけない」と、思わされていること。

 

そして、それが友人と張り合うための目標だったり、

親などの外側から思いこまされたりした、目標が、

とても、多いですね。

 

そんな中主人公の、吾妻くんの先輩から「自分にとっての幸せ」が大事と言う一言が。

どんな小さいと思うことでも、自分が幸せハートと思うことが幸せだと。

 

ドラマの最後では、

コーヒーを入れることに興味を示す、吾妻くん。

楽しみが見つかったようです。

 

プラス思考が当たり前になってきた現代の私たちは、

大きなこと、

目立つこと、

かっこいい(ように見える)こと、

聞こえがいいこと、

名誉になること、

権威があること、

資格があること、…etc に注力しているようですね。

 

しかも、最短コースで、

それらを手に入れられると思っているし、

手に入れられる講座などが人気があります。

 

ここは、前回の新人君に限らず、私たち全員が勘違いしていることです。

 

あなたはあなたの人生しか、生きられないのに、

誰かの生き方、やり方、考え方を中心に、自分を当てはめようとしているのです。

 

もちろん、参考にできることもあるでしょう。

でも、それは

AさんはAさんの、

BさんはBさんの、

しかも、その時の結果であって、あなたのことではありません。

肝心なのは、あなたの気持ち、感情なんです。

 

 

周りになんと言われようと、楽しいのか?

面白いのか?

興味があるのか?

やっている、取り組んでいる時、

我を忘れるくらいの時間を過ごしているのか?

 

なんです。

 

 

そこに

大きなこと、

目立つこと、

かっこいい(ように見える)こと、

聞こえがいいこと、

名誉になること、

権威があること、

資格があること、は、歯が立たないのです!!

 

あなたの本当の生きがいは、幸せはなんでしょうか?

 

小さいとか、

大きいとか、

外側の声は関係ありません。

 

それらがある方々の集まった、

集合体の会社の、業績が上がるのは、

当然だと思いませんか!?