BLOG

自分を知って、悩み解決‼︎ おしゃべりサロンって、何をやっているの?8

2019/05/16

このような心配はありませんか?

 

取引先や、お客さんとの関係どうも、うまく行かない

クレームが多い

リコールが多い

受注が増えない

業績が上がらない

提案が断られる

クライアントの希望通りに動いているのに、納得してもらえない。

 

社員同士の意思疎通がうまくいかない

上司、部下とトラブルが多い

ハラスメントのトラブルが多い

 

新たに入れた、社員が辞めていく

新しい社員が入ってこない、

入社希望者が少ない

 

会社内の人間関係、取引先とのトラブル、クレームの山などなど、職場での問題に関するご相談がありましたら、アロマルナにお気軽にご相談ください。

 

今日もアメブロの過去記事から、ご紹介しますね。

 

「自分を知って、悩み解決‼︎ おしゃべりサロン」は、

単なるプラス志向で問題解決をするところではありません。

 

相手を分析して、こうやって対応しよう。という、方法論でもありません。

 

「この世のしくみ」を理解することは、根本的に違うんですね。

 

プラス志向をするという裏側には、マイナス志向が張り付いていますので、

プラスに傾いたら、途端にマイナスの現象が現れてしまうのです。

しかも、傾けば傾くほど、反転するエネルギーは大きくなります。

振り子やシーソーより、ジェットコースターに乗っているみたいのものです。

 

相手を分析すると言うことは、もちろん、自分も分析することになりますから、

「全部、自分である。」はずのところを分離させることになり、

それ以外の可能性を認めないということになります。

 

私たちはパーフェクトな存在で、

ソースの一滴ですから、どんな可能性もあるんです。

 

分析するということは、

その可能性を小さくし、狭めることにもなります。

もう、あれもこれも、思わされてきたことに気づいて、

どんどん、制限を外していかないといけないのに、

新たな分析を知ることで、

せっかく手放してきたのに、新たに制限をつけてしまうことになります笑い泣き

 

 

もう、そんなまやかしは必要ありませんし、

まやかしに時間をかけている暇はありません。

 

そういう人間世界の、まやかしにとらわれて、

本当の自分に戻れない人が、たくさんいて、

歪みが出てきたいますね。

 

「あれこれ、セミナーで学んできたけど、しばらく経つと、なにか、おかしい。」

「なんとなく、変だとは思うんだけど、何かがはっきりしない。」

と思う方は、今がタイミングです。

 

例えば、「私はダメだ。」と思っている場合、

「ダメでもいいよ。ダメな自分を認めましょう。」というのではありません。

 

そもそも、「ダメって、なんですか?」

「ダメと思う理由はなんですか?」ということなんです。

ダメという理由が、外側から着けられてきた観念です。

ですから、その観念を外していきます。

 

また、「私はダメだ。」という人には、ダメであったほうが利点があるんです。

例えば、

責任を持たなくていい。とか、

目立たなくていい。とか、

人が手伝ってくれる。とか、

優しくされる。とか。

 

でも、あなたは誰にも守ってもらわなくてはいけない、

弱い存在ではありません。

だから、

そうやって、自己防衛してきたことを自覚するのです。

 

 

え〜!?なにそれ、どういうこと!?と思った方、

本当の自分に戻る旅をスタートしましょう流れ星