BLOG

不登校、引きこもりでも大丈夫!「自分を知って、悩み消滅!おしゃべりサロン」

2019/05/31

 

 

先日、不登校、引きこもりでも大丈夫!「自分を知って、悩み消滅!おしゃべりサロン」でした。

 

 

初めて参加されたNさんは、

毎週集まる会のメンバーで、そちらでも個人セッション的になっていまして。

私にオンオフありません(>_<。)

今回、いよいよ。の参加となりました。

 

気になることは、同居している親との関係で。

 

私と初めて会った時に、開口一番、経済的な自立を心配してました。

 

私も一番大きな観念がお金に関することでしたので、

自分ごととして、受け取っておりました。

 

サロンでは、家事のやり方について、細かく紹介していて、

逆に、お母さんは大雑把だから、困ると、

「この世のしくみ」を理解しちゃってる者としては、

真逆だから、セットで居るんですけど。

 

そのNさんの話を、

本コースを旅行中のEさんが、聞いていて、

まるで、自分のお姉さんのようだと、受け取っていました。

 

Eさんは、お母さんとお姉さんが気性が合うと(勝手に)思っていて、

Nさんは、お母さんと妹さんが気性が合うと(勝手に)思っていて、

 

この二人の話ごとがセットなんですよね?

 

視点を変えたら、

なんのことはない。お互いがお互いを勘違いしているってことを、Eさんが理解できたようです。

 

Nさんも、Eさんの話を聞いて、

自分も勘違いしているかもしれない?とは、思えたようですよ。

 

そして、お母さんと自分の関係が悪いことを遠ざけたいと思っているようですが、

 

本当は、お母さんとの関係を良くしたい。というのが本音なんですね。

 

その気持ちがあるから、お母さんとぶつかってしまったら、「言い過ぎたかな?」

「ここまで言うつもりじゃないのにな」

「お母さんがそこまで言ってくるから、言わないでいようと思っても、結局、ぶつかってしまうのよ。」と、

思ってしまうのです。

 

ですから、大事なのは、お母さんをなんとかすることではないのです。

 

「この世のしくみ」を理解しながら、

現象に、どんな自分が写っているのか?を知っていき、

自分の今まで持ってきた観念・思い込みを浄化することが大事になります。

 

それをしないで、素直に相手を受け入れることは難しいのです。

 

だって、Nさんが「自立しないといけない!!」と思っているから、

お母さんに、「依存しなければいけない」ことになってしまうのですからね。

 

Nさんの自分に戻る旅、スタートできるといいですね。

 

感想です。

 

「本当に、同じ(問題がある)人が集まるんだな。観照者を意識してみたら、少しずつ、見えてきたことがあり、嬉しかったです。違った角度で観ると面白いですね。」

 

「(初めて参加したけど、)面白かったです。

もっと、深く知りたいと思いました。」

 

「おかげで自分の事を色々と知る事ができました。 
全部自分にリンクしていて何から話していいのやらです。 
 

色々と細かい所も、大変だろうなぁと思いながら、

息子にそんな姿を見て細かいと苦しいとか、

細かいと融通が利かなくなるから嫌われるとか。

(略)
細かいのはダメなんだ。 
こうじゃなきゃいけないとなると苦しいんだ。と。 
息子にそれを見て私もちゃんと持ってるんだなぁと実感し、観念も色々出てきました。

(略)

家族に関する事も感じてみると、私には家族しかいない…etc
依存している。

家族といると何でも指示してくれて、何でも決めてくれる。 
 …etc

 

頼ってはいけない、自立しなくてはいけない、頑張らないといけない、がしっかりあります。 
(中略)

私が作りあげた意識を発見しました。 」

 

来月は夏休み前に開催しますね!