BLOG

オープンハートのコミュニケーション

2019/06/05

この世では、頑張っても頑張っても、うまくいかないって、知っていますか?

「この世のしくみ」を知らないと、自力で頑張り続けないといけなかったり、

頑張るだけ頑張っても、結果が出ない、成果にならないって、知っていますか?

本当の幸せは「あなたの中にある」って、知っていますか?

 

あなたは自分の理解や感情を、他人と分かち合っていますか?

 

たぶん、女性は男性よりも共感力が高くて、

頻繁におしゃべりをしているし、

自分の理解や感情を、他人と分かち合うのが得意と思っているようですが。

 

本当にそうなんでしょうか?

 

単なるおしゃべりと、

お互いを理解することや、

お互いの感情を分かち合うこととは、全く違います。

 

 

何人かの人でおしゃべりになると、

よく話す人とあまり発言しない人に、

別れてしまうなんてことはありませんか?

 

もしかしたら、盛んに発言する人は

他の人が話しているときは、単に相槌を打っているだけで、

ただ、自分の順番が来るのを待っているだけかもしれません。

 

また、そのとき逆に、ほとんど発言しない人もいて、

その人は黙って、ただ他の人の話を聞いているだけかもしれません。

では、その人に自分の理解や感情はないのかと言えば、

そんなことはありませんよね!?

 

その人は、ただ話のなかに割って入るのが

苦手なだけかもしれませんし、

もしかしたら、自分の理解をそこで分かち合おうとは、

思っていないだけかもしれません。

 

自分の理解や感情を分かち合う。ことには、

この3次元では

それぞれの想いと、様々な状況や状態が関連しているってことなんです。

 

そして、

相手の方にほんとうに関心を持って、

相手の方の言葉に耳を傾け、

自分の理解や感情を分かち合うということを、

本当のところ、私たちはできていないのですチュー

 

それはその時に、

その人がどんな発言をするかより、

その人がどういうスタンスで、そこに参加しているのかが、

大きく関係しています。

 

 

ちょっと、あなたもふりかえってください。

 

あなたは

相手の方に相槌を打っていても、

自分の感情を分かち合っていない時はありませんでしたか?

 

例えば、

ママ友との集まりのような、子どもの友達?

(と言うか、そもそもそう言うのは、友達ではなく、

幼稚園の中で、一緒に遊ぶことが多いからだけ)の、

付き合いで参加していたり、

仕方がなく、参加しないといけない集まりの時。

 

そうやって、集まってワイワイしている関係が、

一見、楽しそうで、

そう言う関係を、友達とか、仲間だと思っている方も多いようですねガーン

 

私からすると、それは単なる「つるんでる」って関係なんですけど笑い泣き

 

そう言う集まりでは、気ばかり使ってしまって、

何の楽しみ?もなく、

「あるがまま」で、自分を表現することはできないでしょうアセアセ

 

本来の人間同士の付き合いなら、

自分の在り方も相手の在り方も、そのまま認めて、

どんな話でも、自分の判断をしないという心構えが必要になりそうです。

 

このように、自分があるがままの自分という存在として、

そこにいて、目の前の相手に関心を持ち、

自分の理解や感情を分かち合う。

オープンハートのおつきあいをするのは、

なかなか、出来ていないものですもやもや

 

もっと、突っ込んでお話しすると、そういうオープンハートな関係になれない一番の原因は、

「私とあなたは別なもの」と言う無意識があるからです。

 

「あなたの話は私の話ではない。」

「あなたの話と私の話は違う。」と思って、

最初から壁を作って、コミュニケーションをしているからです。

 

これがある以上、「この世のしくみ」で言っている、

【あなたの無意識が相手に映っている】と言う

大原則を理解することができません。

 

それによって、

自分がどんなことを思っているのか?

どんなことをしないようにしているのか?が

あまりにも、無意識に深く沈んでいるので、本人に気づけないからです。

 

あなたも心が通っていない、不毛なおしゃべりを卒業し、

あなた自身がオープンハートで存在して、

相手の話から、自分の無意識にどんな思いがあるのか!?

見つけてみませんか!?