BLOG

実写版 映画「美女と野獣」に観たもの 2

2019/06/12

このような心配はありませんか?

 

・感情のままに子どもを叱ってしまう

・子どもとの距離感に悩んでいる

・子どもが不登校や引きこもり、いじめなどの問題がある

・夫婦関係がうまくいかない

・パートナーの浮気、不倫の問題を抱えていいる

・離婚したいけど、どうしよう。

・親や家族、親族との関わり方で悩んでいる

・親の介護施設との関係で問題で悩んでいる

 

夫婦関係や親子の問題、嫁姑関係、子育ての悩みなど、家族に関するご相談がありましたら、アロマルナにお気軽にご相談ください。

 

 

昨日の続きです。

(ネットから画像をいただきました)

 

まあ、ディズニーですから、その後に野心家ガストンが死に、野獣や野獣の城の魔法が解けてしまうと、

 

そそのかされていたはずの村人たちは、

なんの問題もなかったように、みんなで楽しく、一緒に踊るシーンで終わるんですけどね(>_<。)

 

(原作だとこの辺がどうなのか?はわかりませんが。)

 

 

 

私からしたら、野心家ガストンもひどいけど、

「野心家がいうことを鵜呑みにして、野獣を城を襲ったことは、なんの反省もないのかい!」

と突っ込んでしまいましたえー

 

そうやって、いらないものを亡き者にして、

めでたしめでたし…にするのが、ディズニーは得意ですよね!!

 

だから、私のような見方をしている人は、ほとんどいないでしょう?

 

 

ですから、宇宙存在は、私たちを助ける事が出来ないんですよハートブレイク

 

 

 

 

 

 

私たちは、

結局、自分達の上に誰かを据えて、

据えた自分達は、据えたことの責任は感じることなく、

据えた上の誰かが何かをしたら、文句を言い、

「自分達は何も悪くない。」「私たちは被害者だ。」というポジションをキープし続けるからですチュー

 

据えた自分、そそのかされた自分、行動した自分は、なんの責任も取らないガーン

 

そんな無責任な集合体と付き合ったら、

自分達もどんな目に合うか、彼らにはわかっているのです。

しかも、彼らには言葉を交わすまでもなく、私たちの頭の中は丸見えもやもや

いくら、言葉で繕っても、ごまかしは効きませんアセアセ

 

そういう意味で、

私は「今、やることは自分の内側の片付け」だと言っているのです花火

 

自分が良ければいい。

無責任な人間の思考=集合意識体ではダメだとね。

 

世の中は、「あなたは素晴らしい」とか、「あなたのせいじゃない」とか褒めちぎって、

いい気分にさせる話もあるでしょうが、

この2元の世界に、そんなものはありえないんですムカムカ

 

どんなキラキラしている人でも、

必ず、ドロドロを持っている、というのが2元の世界のメカニズムなんですからOK

 

そのドロドロを持っている自分であることを、自分が自覚をする必要があるのです。

 

そのドロドロを認めたら、それをかくすことも必要ないし、頑張って、キラキラを目指す必要がなくなるからです秘密秘密

 

そういう意味で、裸のお付き合いができる人が繋がると、

本当に、心地よい世界を過ごせるのです。

 

あなたは周りを信用できますか?

お互いが信用できない世界を、あなたが創っている自覚がありますか?

 

どんな自分でも安心していられる世界を、一緒に創りませんか?