BLOG

子どもの虐待も、先祖代々の親子関係から

2019/06/15

いじめ、虐待、不登校、引きこもり、離婚、ネグレスト、DV、依存症、ハラスメント…

これらが全部、自分の親子関係から、来ていると知っていますか?

あらゆる人間のトラブルを、あなたが終わらせることができるとわかったら、

どうですか?

 

 

私の地元で、また、嫌な事件が起こってしまいました(>_<。)

と言う事で、何度か、過去のブログに書いていますので、転載します。

 

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.

日本では相変わらず、児童虐待の事件が発生しておりますが。

 

私も、自分も虐待経験者ですので、

以前は、そういう事件を聞くと、心がえぐられるようで、

憤りを感じていたものですプンプン

 

ですから、10年前に、オレンジリボン活動の普及を支援したりしてきましたが、

(でも、虐待らしいことを通報するだけの活動で、根本的解決にはならないと、思い至りましたアセアセ

一向に減らないどころか、増加の一方とは、どういうことだと思いますか?

 

今回の千葉県の問題も、児童相談所が対応に入っているのに、なぜ、死なせてしまうことになってしまうのでしょうか?

 

もちろん、その子の父親が、暴力を振るったり、

児童相談所を脅したりして、問題なのですが。

 

今までも、児童相談所が関わっているのに、

何人の子供を死なせてしまっているのでしょうか?

 

これでは、オレンジリボン活動で、

その子を救おうと児童相談所に連絡しても、

全く、意味がないじゃないですか?

 

あなたはどう思いますか?

 

あれやこれやと、支援施設や支援団体ができて、

児童虐待を無すためのシンポジウムを開いたり、

研究発表をしても、

未だに、事件が起こり、またひとつ、命が守れないとは、

どういうことでしょうか?

 

児童虐待という行為が、どうして、増えているのか?を、

根本的に観ていかないと、終わらないと思いませんか?

 

今までにもどこかに、書いてきたと思いますが、

大体は、その子の両親の夫婦関係が原因です。

 

事件になっているものの多くは、

シングルマザーと、男が内縁関係になり、

その男がシングルマザーの連れ子を、虐待するパターン。

 

今回の千葉のパターンには当てはまらないと思うでしょうが、

子どもが虐待にあうのは、その母親がシングルマザーになることも、原因の一つです。

 

シングルマザーになるということは、元のパートナーとのパートナーシップが、

成立できなかった。ということです。

 

(明日に続く)