BLOG

札幌 スピリチュアル カウンセリング 腰痛に向き合う4日間 4

2019/07/30

*このような心配はありませんか?

 

取引先や、お客さんとの関係どうも、うまく行かない

クレームが多い

リコールが多い

受注が増えない

業績が上がらない

提案が断られる

クライアントの希望通りに動いているのに、納得してもらえない。

 

社員同士の意思疎通がうまくいかない

上司、部下とトラブルが多い

ハラスメントのトラブルが多い

 

新たに入れた、社員が辞めていく

新しい社員が入ってこない、

入社希望者が少ない

 

会社内の人間関係、取引先とのトラブル、クレームの山などなど、職場での問題に関するご相談がありましたら、アロマルナにお気軽にご相談ください。

 

こちら募集中です右矢印【8月1日開催☆ あなたの人生が豊かになるZOOMお茶会】

 

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.
 

(続き)

 

4日目は、その想い、イライラする気持ちをシフトチェンジできないか・と言うオンサを選びまして。

 

皆さん、怒りとか、イライラとかの感情は、ネガティブだから、持ちたく無い。

とか、自分にあることを認めないようですが、

怒りとか、イライラしてて、当然ですし、

そう言う感情が無いほうが、おかしいのです。

 

 

それなのに、変なプラス思考に乗せられてしまったから、

自分の感情にジャッジして、本人がさっさと隠してしまうんですね。

 

 

娘は小学生の経験から、

自分が頑なに、周りを警戒することのになり、

女性性の否定につながって、自分の身体に嫌悪感を持ってしまったこと。

だから、自分の本音、想いを伝えられないこと。

 

 

でも、目の前に映っている人たちは、

全部、自分なんだから、何を言っても怖いことはないし、

否定する人は」本当は存在しないと言うこと。

全体的に自分に厳しいことを、受け取ったようです。

 

こう言う話は、娘が特別なことではなく、

私のところに、セッションを受けている皆さん、全員に当てはまることです。

 

と言うか、このブログをお読みの皆さん、全員にあることです。

 

自分としては、終わってしまったことをひきづっているつもりはないけれど、

その時の感情を出し切らないから、

思考が作った外側の事情によって、

砂をかけて隠してしまうように、納得してしまったからこそ、

当時の感情が成仏しないんですね。

 

感情の持ち主が、マインド優先で生きてしまうから、

感情のエネルギー・想念が置いてきぼりなんです。

 

そうわかったら、今、出してしまえばいいのです。

 

「そうか、こんな気持ちを持っていてもよかったのに、

無き者にしてきちゃったんだね。」ってね。

 

今回、娘に腰痛があったことで、

大人になっても、終わっていない感情があることを、

しかも、本人もすっかり、忘れていたことが、

オンサセラピーによって解放できたことで、私も安心しました。

 

enlightened もちろん、痛みもかなり無くなり、出かけられるようになりました•*¨*•.¸¸♬︎

 

 

 

#この世のしくみ

#意識進化

#本当の自分に戻る旅

#スピリチュアル

#新しい生き方

#量子論

#表裏一体

#トリック

#2元

#観念

#怪我

#病気

#事故

#トラブル

#つまづき

#腰痛

#オンサセラピー 

#陰陽五行

#音

#波動

#感情解放

#身体にたまる感情

#インナーチャイルド

#記憶の解除

#言えない

#我慢

#弱音

#頼れない

#イライラ

#モヤモヤ

#すっきりしない