BLOG

目立つって、なあに?

2019/08/11

今、抱えているあなたのお悩みを解消したくはありませんか?  

「私の悩みなんてどうせ解決しない・・・」 

 「そんなことで、上手くいくはずがない・・・」  

「色々やってきたけど、解決するのは、無理・・・」 

 「もう、めんどくさい・・・」  

もしかして、そう思っていませんか?  

 

 

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.

 

今日は過去記事から、転載しますね。

 

タイトルは「目立つって、なあに?」とありますが、

今、本当の自分に戻る旅コースを歩いている方の、

プログラムの一つに、「目立つ」がありまして。

 

潜在意識に「目立ちたい」→「親に認めてもらいたい」があるため、

そして、それがどんどん、大きくなっていますので、

表裏一体の裏には、同じ大きさの「目立ちたくない」が

同時に立ち上がり、どんどん大きくなっていきます。

 

 

でも、顕在意識の自分はそれを理解できないので、

【自分を見つける物】を作り出すのです。

 

オーダーしているのは、潜在意識の、無意識の自分だと、受け取らないので、

ますます、それが大きくなり、(大きく感じることもできますからね。)

しかも、過剰に反応しているのは本人だけなので、

周りには、全く、理解されないのですね。

 

ほら、あなたの周りにも、いませんか?

気をつけて、周りに迷惑をかけないようにしているのに、近所からクレームを言われるとか、

丁寧に対応しているのに、文句ばかり言われるとか。

 

心当たり、ある方、いませんか?

それも、あなたの潜在意識の仕業、プログラムですよ。

 

♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

私たち日本人は、

「目立たないように、日々を過ごすのが当たり前」と

いう人生を過ごして、今日までいたっているので、

 

本質的に

「目立ちたくない」人が多いです。

 

でも、初めから、

赤ちゃんの時に、

目立つとか、目立たないとか、わからなかったと思いませんか?

 

では、その思い、習慣は、どこから来るのでしょうか?

 

親や祖父母が、親戚や近所の人のことを噂していたり、

家族内で、兄弟が親に叱責されていたり、

学校に行くようになると、友達から言われたり、

言われることばかりではなく、

その場の雰囲気で察して来たりチューしたんですね。

 

社会に、会社に入れば、

目立つだけで、上司からの評価が悪かったり、仲間内の評判が悪くなったりもやもや

 

そうやって、刷り込まれて来ていますアセアセ

 

 

 

では、私はどうかと言うと。

私は、他の人より、先んじて発見したり、

意見が見つかったときは、

目立つことが嬉しくて、

「私が、私が」的に手を上げていました。

 

(今でも、映画の字幕を読むのが早いし、コンサートなどの感動も早いので、

他の人より、何秒か早く、笑ったり、拍手したりしていますルンルン

 

それは何を表しているかというと、

自分で決めたい。

自分が決めたい。

周りに認めてほしい。があるんですね。

 

特に私の母親には、いつも、

「私がいたせいで、結婚しなくてはいけなかった。

こんな生活になったのは、お前がいたせいだ」

と毎日言っていたものですから、

自分の生まれてきたことを根本から、否定されてきたんです。

ですから、私は自分の存在を精一杯、認めてほしいわけですチュー

 

 

 

どちらにしても、

目立ちたいと目立ちたくないがセット なのですから、

どっちでもいいし、どっちも同じですけどね。

 

今の私は、

目立ちたいとか、目立ちたくないとかを超えた位置がわかるので、

そういう衝動があるか無いかで、動いていますウインク

 

さあ、あなたはどうですか?

今までの人生をちょっと、振り返ってみてくださいOK