BLOG

「誰がめんどうみるんだ」問題が勃発!

2019/10/04

 

いじめ、虐待、不登校、引きこもり、離婚、ネグレスト、DV、依存症、ハラスメント…

これらが全部、自分の親子関係から、来ていると知っていますか?

あらゆる人間のトラブルを、あなたが終わらせることができるとわかったら、

どうですか?

 

♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

今日は、皆さんにも近い将来に出てくるであろう、

問題について、過去記事からシェアしますね!!

 

 

先日、個人セッションをしてきました。

以前から、mixiの方でご連絡いただいていましたが、

個人的にお話したいということで、ご対面となりました。

 

私のような親子の確執の経験があるからこそ、

「私の話もわかってもらえるかもしれない?」と思ってもらえたんですね。

 

丁寧にご家族のことを書いたものをお持ちいただきました。

たくさんの兄弟姉妹の大家族の中で、

遠く離れた北海道まで流れてきたという、

波乱万丈の人生を歩まれてらっしゃいました。

 

高齢になった、自分が嫌いな親御さんを見なくてはいけないかもしれない。

ことで、

どうしたものかと、思ったそうです。

そうですよねアセアセ

親が若いうちは、距離をおいて生きることができても、

親が年を取ってくると、「誰がめんどうみるんだ?」問題が勃発してきます。

兄弟仲が良ければいいですが、

そこで、兄弟の不仲の溝がもっと深まり、しかも、嫌いな親は見なくてはいけない。

あっちもこっちも、地雷があるみたいな環境になるのは、

私には目に見えるようですハッ

 

いきなり、「この世のしくみ」をすべてお話しても、

わからないと思いましたので、

その中のエッセンスの一つ、「相手は合わせ鏡」ということだけ、

お伝えしました。

 

最近は、そういうことを知る機会も多くなってきましたので、

やはり、「そういうこと聞きますよね。」と、素直に聞いてくださいましたおねがい

 

すべてを今回だけで、理解することはできないので、

また、後日、わからないことや困ったことがあったら、

ご相談いただくことをお知らせしておきました。

 

 

今まで、様々なところで、カウンセリングを受けることがあったそうですが、

私のような切り口のお話は初めてだそうです。

 

そうなんですよね。

世の中のカウンセリングは、人間が人間の位置で探究した学問にのっとって、

カウンセリングをしているのでしょうが、

私のカウンセリングは、人間の位置のお話ではないからです。

 

「面白かった。」と喜んでいただきましたよ100点

 

色々なカウンセリングを受けても、

改善できない、

うまく、行かない、

すっきりしない、

納得できない。方、私におまかせくださいグッ